So-net無料ブログ作成

デイケア初日。 [介護etc.]

 今日母はデイケアに行ってきました。

 昨日のデイサービスとは違い、規模の大きな介護施設の中のデイケアなので、場所も大きく、人も多いみたいです。同じテーブルには5人利用者さんがいて、一人は韓国の人なのかな〜と言っていました。大きな施設なので食事は弁当ではなく、そこで作られているようで、食事には満足のようです。「明日は、デイサービスに行くんだよ」と言うと、「あそこはいい」と返事します。「どういうこと?」と聞くと、弁当は食べたくないみたいなのです。「でも、知り合いも出来たし、会うの楽しみじゃないの?」と聞くと、そうでもない感じ。「そもそも、お父さんのことは知らない人だものね。いいの?もうおしゃべりしなくても?」、「うん」。こういう時の母の決断は早い。何よりも大事なのは、食べること。「じゃあ、明日、もう一度デイサービスに行ってみて、そして決めよう。弁当以外でもいいところはあるんだし。おしゃべりもしたほうがいいでしょ。デイケアでは誰ともしゃべらなかったんだから」、「わかった」。数回しか利用しないデイサービスですが、本人が望まないなら、変えたほうがいいとmizumiuも思うので、明日の様子で決めたいと思います。

 今日のデイケアでは便を二度したらしく、ズボンを汚したのでデイケアのズボンを借りて帰ってきました。送迎の職員さんに、「ご本人さんは気づかないんですか?」と聞かれ、「そういう時もあります」と答えました。後で母に、「便漏らしたの、分からなかったの?」と聞くと、「一生懸命手を挙げても、気づいてくれないんだもの。したい時に、できなかった」と言っていました。確かにそういうこともあるでしょう。「大勢いるところだから、しょうがないね。でも、漏らしてしまった後でも、トイレ連れて行ってくださいって言わなきゃ」と言いましたが、母は何も返事しませんでした。

 夕食後、車椅子をテレビの前に押して行った時に、装具が右足につけてあるのに気づきました。母は左半身マヒなので、装具は左足につけます。まだ仮の装具なので、母の足型ピッタリではないですが、左と右の足の形を間違えて履かせるなんて、どこみてるんだと思ってしまいます。デイケア施設なのに、装具の右と左を間違えるなんて、ちょっと絶句しました。足を押し込むのに力もいるだろうし。装具に合わせた、少し高さの違う靴も左と右反対に履かされていました。母がそれに気づかないのが痛いところですが、職員さんに注意してもらわないといけません。でも間違いは正してもらえばいいので、デイケアの方に明後日、きちんと伝えようと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。